美白化粧品の効果を高めるスキンケア

美白化粧品 > 美白化粧品の情報サイト - 生活習慣が原因のシミ

美白化粧品の情報サイト - 生活習慣が原因のシミ

シミができる大きな原因は紫外線なのですが、他にも様々な原因が関係しています。そもそも、紫外線対策や美白化粧品のおすすめスキンケアを怠っただけで必ずシミができてしまうというわけではありません。肌の新陳代謝機能であるターンオーバー機能が低下している人ほど、シミができやすい状態になってしまうんです。

では、なぜターンオーバー機能が低下してしまうのかというと、次のような原因が考えられます。特に注意したいのが睡眠時間ですね。睡眠は、肌の休息に繋がるだけでなく、様々なダメージを回復する時間でもあります。そのため、睡眠時間が足りていなかったり、質の高い睡眠を取ることができずにいると、シミができやすくなってしまうんです。

これは、ただ眠ればいいというわけではありません。午後22時から深夜2時の間はターンオーバーが活発に行われる時間でもあるので、できればこの時間帯は眠ることができるようにするといいですね。また、質の良い睡眠を取るためには、自分に合った寝具を使い、ぐっすり眠れる環境を用意することも大切です。

それから、食生活にも注意してみましょう。特に、ビタミンCは美肌を作るために欠かせない栄養素なので、毎日の食生活でビタミンCが不足していないか考えてみることも大切です。それと、血行が良くなるとターンオーバー機能が低下してしまうので、冷え性の人は冷えを改善することもシミ対策に繋がります。

毎日の入浴をシャワーで済ませてしまっているという人もいるようですが、美肌を作るためにはシャワーよりも湯船に入ったほうが効果的です。たまに半身浴をして身体を芯から温めるようにしてみてはどうでしょうか。

ストレスが溜まっている人もターンオーバー機能が低下し、シミができやすくなってしまいます。 仕事や私生活の中で全くストレスを感じないで生活していくことはできませんが、趣味を楽しむなどしてストレスを発散していくことも重要です。もちろん、タバコやお酒の飲みすぎもよくないので、改善できることから少しずつ改善していけるといいですね。


シミと関係の深いターンオーバーとは

シミのないキレイな美肌を目指すためには、ターンオーバーというものについて理解しておかなければなりません。 これは、簡単に説明すると肌の新陳代謝機能のことです。

ニキビができても、しばらくすると治りますよね。 同じように、夏場に日焼けをしても冬になればほとんど日焼けのあとはなくなっているはずです。 これらは、肌が持っている新陳代謝機能である、ターンオーバーの働きによるものです。

新しく生まれた肌の細胞は28日かけて角質細胞となり、剥がれ落ちていきます。 肌が剥がれ落ちたことなんてないと感じるかもしれませんが、洗顔の際などに垢として剥がれ落ち、肌は常に新しいものへと生まれ変わっているんです。

しかし、ならばできてしまったシミも28日でなくなるのでは?と思う人もいるでしょう。 ターンオーバーというのは肌の表面である表皮と呼ばれるところで行われているのですが、その奥にある真皮と呼ばれる部分にはターンオーバー機能が備わっていないんです。

つまり、シミとは表皮ではなく真皮部分に色素が沈着してしまったもののことです。 では、シミ対策について考える上でターンオーバーは関係ないのかというと、そうではありません。 正常なターンオーバー機能が働いていれば、シミの原因を表皮で食い止めることができます。 新たなシミを作らないためにも、ターンオーバー機能が正常に働くよう努力してみましょう。

なぜターンオーバー機能が正常に働かなくなってしまうのかというと、これには様々な原因が挙げられます。 ストレスや睡眠不足、運動不足、栄養不足など、実にたくさんの原因が考えられるんです。 なにから努力すればいいのかわからないということであれば、まずは睡眠時間について考えてみましょう。

お肌のゴールデンタイムとも言われているのが、午後22時から午前2時です。 この時間は肌を休める時間と考えて、睡眠を取るのが理想的です。 22時に寝るのは早いということであれば、この時間帯には化粧を落とし、肌を休めることができるようにしましょう。


 20代の美白ケアは、ニキビ対策と一緒に!   紫外線対策は美白ケアの基本

 ハイドロキノン配合の化粧品で美白ケア